トップ

プロフィール


15年5月22日(金)

略 歴プロフィール・略歴 トップに表示

1969年(昭和44年)滋賀県彦根市に生まれる。彦根市立城陽小学校、彦根南中学校を経て、県立彦根東高校へ。

高校生のときに「核戦争を起こしたくない」と民主青年同盟に加盟。

1988年(昭和63年)京都市立芸術大学美術学部入学。美術科油画専攻、フレスコ(壁画)の技法などを学ぶ。

美術学部学生自治会書記長、京都府学連執行委員として、学生自治会や大学生協設立運動の中心に。学生要求をかかげた市議会請願により、次年度から入学金値上げが一部是正され、大学会館建設が決まるなどを経験し、「がんばれば動かせる」と確信に。学生時代に日本共産党入党。

1993年(平成5年)同大学学部を卒業後、大学院美術研究科へ。造形構想を専攻し、彫刻家の佐野賢氏のゼミ生となる。

画像クリックで拡大表示します ●大学院修了制作作品「戦争ゴッコ」で(山口)華楊賞を受賞

戦後50年目を迎えた1995年に制作したものです。ふたたび迫る「軍国主義」と戦争の危機を告発する思いをこめて…。

1995年(平成7年)大学院修了。京都のギャラリーを中心に、創作発表活動をおこなう。結婚。

1月に発生した阪神淡路大震災の救援ボランティアのなかで、被災者に冷たい政治を目の当たりにして「政治と社会を変える生き方をしたい」と胸に刻む。

1997年(平成9年)COP3(地球温暖化防止京都会議)ボランティア。民主青年同盟に就職し、京都で初めての女性府委員長に。

1998年(平成10年)7月の参議院選挙で、若者が選挙を楽しく面白くやろうと「日本共産党といっしょに日本をかえるネットワーク(略称:かえるネット)」をよびかけ、結成の中心に。

2001年(平成13年)日本共産党に就職。7月参院選で比例代表候補として国政に初挑戦。

2003年(平成15年)前年12月31日に長女を出産。11月の衆議院選挙に小選挙区京都4区から立候補。自民党・野中広務氏の引退で“注目選挙区”となる。

2005年(平成17年)長女の保育園の保護者会で活動し、右京区保育園保護者会連合会副会長。

9月衆議院選挙に再び京都4区から立候補。郵政民営化での自民党「刺客」選挙で再び“注目区”に。

2007年(平成19年)7月の参院選で京都選挙区候補として奮闘。27万5785票を獲得するが及ばず。

2010年(平成22年)党京都府委員会副委員長。参院京都選挙区候補として再挑戦するが及ばず。

2011年(平成23年)4月の京都府会議員選挙に西京区から立候補し初当選。

2012年(平成24年)7月に第2子となる長男を出産。

2015年(平成27年)4月、府会議員に再選され2期目へ。


ページの先頭へ

成宮(なるみや)まり子プロフィール・略歴 トップに表示

生年月日1969年(昭和44年)9月28日

住 所京都市西京区上桂前川町164クラウンハイム京都・上桂107号

現役職京都府議会議員、文化・教育常任委員、 スポーツ振興特別委員/日本共産党京都府委員

経 歴京都市立芸術大学美術学部卒、同大学院修了。京都府学連執行委員、民青同盟京都府委員長、右京区保育園保護者会連合会副会長など歴任 

家 族陶芸家の夫、長女(中学1年)、長男(2歳)

趣 味ガーデニング、絵本の読み聞かせ、美術鑑賞、バレーボール、キャンプ、バイク

好きな言葉人間は自分で自分の歴史をつくる


ページの先頭へ